ニュース一覧

古美術品としての日本刀

刀

査定してもらうことの意義

蔵や時代的な物の物置があるような家には、時にとんでもない物が出てくることがあります。値打物の絵画や彫刻が見つかる場合もありますが、日本刀が発見されることもあるのです。もちろん、ご先祖様が使っていた物なのですが、見つけた方としては大慌てです。日本刀などは、許可なく所持していれば銃刀法違反になります。旧日本軍が使ってた日本刀であれば、見つかった時点で警察に届ければ、特に罰せられることはありません。日本刀を見つけたら、単なるガラクタと考えないで、然るべき処置をとることです。しかし、もっと前の時代の刀が発見された時は、扱いに工夫が必要です。古い時代の刀は、美術品として扱われることもあるのです。そのような品が見つかった場合は、日本刀販売をしているリサイクルショップに査定をしてもらうと良いでしょう。美術品としての価値が認められれば、結構な値段で引き取ってくれます。日本刀販売ウィしているリサイクルショップは、骨董の扱いがあるお店から選ぶと良いでしょう。お店の看板に日本刀販売の文言がなくても、古美術品の査定ができる人材が揃っていたりします。また、発見された日本刀を家宝としたいのであれば、正式な許可を得ることも忘れてはなりません。その時は、日本刀販売店から正式なお墨付きをもらうことで、許可も得やすくなります。売るにしても、所持するにしても、速やかに手続きを行うことです。もしかしたら、貴方の家の蔵にもお宝が眠っているかもしれません。

Copyright© 2018 不要な日本刀は買取で処分!【日本刀販売の専門店に相談】 All Rights Reserved.